海外業者のバイナリーオプションは国内より面白い

海外業者のバイナリーオプションは国内より面白いと言えます。

国内口座では規制によって短期取引が出来なくなってしまったのですが、海外バイナリーオプションならば短期取引を一日に何度も行なえるのは魅力であり、これだけではなく通貨ペアや様々な金融商品を扱っており、国内業者よりも幅が広いです。

おまけも充実していて、取引だけに使える資金を提供してくれるサービスもありますから、より大きな取引を試したい場合に利用が可能になります。

このおまけで付いてくる取引資金は換金出来るものではなく、あくまでバイナリーオプションを取引する時だけに使えるものではありますが、大きな資金として使えますから魅力的です。

国内では体験出来ないサービスの充実がありますし、こうしたサービスを提供される事でよりバイナリーオプションにハマるという方も多く、国内業者だけでも面白い取引だと感じていた方でも、海外業者を利用してからよりハマってしまったという例は多々あります。

ゲーム感覚に近いかも

株、投資、通貨、経済、金利・・と聞くと、何というか拒否反応を覚えてしまう私(笑)。

恥ずかしながら、その手の分野に関しては全くの無知でして、今後も自分とは関係のない話だとばかりに思っていました。そんな中、バイナリオプションの存在を知ったのですが、これにはちょっと興味を惹かれてしまうんです。というのも、非常に簡単な仕組みだからです。

株や投資の場合、コレだという銘柄なりを購入する必要がありますが、その組み合わせはビックリするくらい多いですよね。利益を生むためには、株の仕組みや知識だけでは決して成功には至らず、政治、経済、戦争、スポーツなどなど、一見株とは関係のないようなことにも精通している必要がありそうです。

が、バイナリオプションの場合は、「通貨が上がるか下がるか」だけを予想するという非常にシンプルな取引なのです(いわゆるハイ・ローですね)。

もちろん、ある程度の国際情勢を把握している必要がありますが、それでも株や投資と比べると簡単そうじゃありませんか?ある種ゲーム感覚に近いというか、そんなことから最近興味を持つようになっているのです。

友達が始めたバイナリーオプションについて

私は常に残ったお金があれば、貯蓄するぐらいしか思い浮かぶ事は無いのですが、友達はその余った資金を上手に運営するのが非常に得意なのです。

昔は株などもやっていたそうですが、それよりは簡単なバイナリーオプションをやっているそうです。

この言葉を聞いても、何をやっているのかよくわからなかったのですが、要するにこちらはFXの形態の一つだという事です。

実際にはこのFXの事すら私にはわからなかったのですが、外国為替相場の動向などをある程度予測し、日本円や海外通貨の売買を行う方法だそうです。

少ない予算でも簡単に始められるのでとても人気があります。FXと言うと、難しい単語などもたくさん出てきますし、一般的な人は意味がわからないという理由で挫折しがちです。

ですが、バイナリーオプションは、ハイ&ローを決めるだけなので、次の予想が高いか安いか、それを決めるだけで予測が当たれば儲かる仕組みなのです。

このバイナリーオプションを始めた事で、友達はさらに資金が増えたそうです。私も気になりますので、やり方を友達に教えてもらおうと思います。

バイナリーオプションで機会損失を防ぐために行ったこと

バイナリーオプションで機会損失を防ぐために行ったのは、ガラケーからスマートフォンに機種変更したことです。

バイナリーオプションを始めた時はパソコンだけでトレードしていました。しかし、家で過ごす時間はそれ程多くありません。外出している時間の方が長いです。そうなると、トレードする時間が少ないため、機会損失は多くなります。

外出している全ての時間にトレードするわけではありません。しかし、仕事の休憩時間や昼休み、帰宅途中など、細切れの時間はあります。

細切れの時間でもトレードできれば、より多くの利益を得られるチャンスが多くなります。

ガラケーでもトレードできれば良いのですが、調べた限りではガラケーでバイナリーオプションが可能な業者は見つかりませんでした。

スマートフォンやiPhoneではアプリがあるので、トレードが可能です。外出中は細切れの時間しか使用できませんが、バイナリーオプションは満期があるので、勝負しやすい点が気に入っています。